千葉地裁、裁判員制度で

ニュース

千葉地裁、裁判員制度で

千葉地裁判決は、生き埋め殺人事件の被告は無期懲役

どういう事件なの?

千葉県で2015年4月、同県船橋市の女性=当時(18)=を生き埋めにして殺害したとして、強盗殺人や逮捕監禁などの罪に問われた無職井出裕輝被告(22)の裁判員裁判で千葉地裁(吉井隆平裁判長)は10日、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。

千葉県で2015年4月、同県船橋市の女性=当時(18)=を生き埋めにして殺害したとして、強盗殺人や逮捕監禁などの罪に問われた無職井出裕輝被告(22)の裁判員裁判で、千葉地裁(吉井隆平裁判長)は10日、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。公判で検察側は、井出被告が主導的に犯行を計画、実行したと指摘。弁護側は「殺意はなかった」と反論していた。事件を巡っては、千葉地裁がこれまでに強盗殺人などの罪で中野翔太被告(22)と被害女性の同級生だった元少女(20)に無期懲役判決を言い渡し、いずれも控訴している。

出典 http://

1
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

たった1回、5分の申請で”ほったらかし”で収入が入る〇〇とは・・・