仙台市立中学校.加害者先生は自殺の責任はどうとるの?

ニュース

仙台市立中学校.加害者先生は自殺の責任はどうとるの?

仙台市立中学校の加害者先生は自殺の責任はどうとるの?

どういうことなの?

仙台市立中学校の加害者の先生は自殺の責任をどうとるのだろう。自分の子供だったらどうするの人の子供相手に何を考えているんだろう腹立たしい。「目には目を、歯には歯を」と言うけども学校全体での責任逃れだけは絶対に許せない事だ。

いじめ被害を訴えていた仙台市立中2年の男子生徒が4月に自殺した問題で、市教育委員会は19日、自殺前日に50代の男性教諭が生徒の頭をたたいたり、別の50代の女性教諭が授業中に生徒の口に粘着テープを貼ったりする体罰を加えていたと市議会に報告した。奥山恵美子市長は「体罰が(自殺の)引き金になった可能性が非常に高くなっている」と報道陣に述べた。生徒が周囲に「(たたいた)先生が怖い」と話していたことも関係者への取材で判明。以前にも複数回たたかれたと訴えていたという。市教委は教諭の処分を視野に事実関係を調査する

出典 http://www.kobe-np.co.jp

1
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸