6日11時現在!!福岡県-救出される住民

ニュース

6日11時現在!!福岡県-救出される住民

自衛隊員のボートで救出される地元住民

どういうことなの?

6日11時現在。豪雨被害が発生した福岡県と大分県で救出捜索が末明から始まった。官邸で非常事態体制で挑んでいる。自衛隊、警察、消防と救助活動が進んでいる。7500人態勢での自衛隊員、天候回復を待って40機からのヘリコプターでの捜索。梅雨前線は四国南部へと離れたが引き続き、両地方一部に大雨特別警報が発令された。

記録的な豪雨に見舞われた福岡、大分両県では6日未明から、自衛隊、警察、消防による救助活動が始まった。政府によると、救助活動は7500人態勢で、安否不明者の捜索と被害状況確認が本格化した。被災地は道路が寸断されているため、天候回復を待って40機以上のヘリコプターも投入し、孤立地域での救出に当たる。連絡を取れない人は10人弱いるとみられ、捜索に全力を挙げる。九州北部は6日も、梅雨前線の影響で雨の地域が拡大し、局地的に激しい雨が降る恐れがある。気象庁は同日、福岡県内の一部地域に新たに大雨特別警報を出した。福岡県久留米市は市内全域の約13万世帯30万人以上、朝倉市も全域の約2万世帯5万人以上に避難指示を出した。朝倉市や東峰村からは計100件以上の119番があった。福岡県添田町や朝倉市、大分県日田市などでは河川が氾濫。道路が冠水して避難できない孤立者が発生し、両県は自衛隊に災害派遣を要請した。

出典 http://sp.m.jiji.com

大分県日田市の豪雨で流出したJR久大線の鉄橋
1
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸