山梨県立中央病院で輸血ミス!患者死亡!

ニュース

山梨県立中央病院で輸血ミス!患者死亡!

山梨県中央病院で輸血ミス

どういうことなの?

1日、山梨県中央病院は医療ミスが起きた事を発表した。内容は、同院救命救急センター内で6月に交通事故の男性に輸血ミスをしたと。60代の男性はO型なのになぜかB型を輸血した。だが病院側は輸血による死亡の可能性は「極めて低い」としている。

山梨県立中央病院は1日、交通事故で同院救命救急センターに搬送された60代の男性に6月、血液型の異なる輸血をする医療ミスがあったと明らかにした。男性は搬送の約3時間後に死亡したが、ミスが影響した可能性は「極めて低い」としている。同院によると、6月23日朝、交通事故で出血性ショックの状態となった男性が搬送。死亡後に異なる型の血液が輸血に含まれていることが判明したため、警察に届けた。 男性はO型で大量に出血しており、総輸血量は5680ミリリットルと成人の通常の血液量を上回った。このうちB型の血液が、840ミリリットル含まれていたという。

出典 http://www.kobe-np.co.jp

1
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法