上祐史浩!アレフからひかりの輪。東京地裁【観察処分取り消し】

ニュース

上祐史浩!アレフからひかりの輪。東京地裁【観察処分取り消し】

上祐史浩のひかりの輪、東京地裁が観察処分取り消し。

どういうことなの?

25日東京地裁はひかりの輪に対し観察処分取り消しを言い渡した。これはオウム真理教の後継団体となっている。ここにオウム真理教の時からいた上祐史浩が、後継団体の宗教として最初にアレフ(Aleph)を作り、次にひかりの輪を作り代表となっている

団体規制法に基づく観察処分が更新されたのは不当だとして、オウム真理教の後継団体「Aleph(アレフ)」と、分派した「ひかりの輪」が国に処分取り消しを求めた訴訟の判決で、東京地裁(林俊之裁判長)は25日、ひかりの輪に対する観察処分を取り消した。裁判で処分が取り消されたのは初めて。アレフ側の請求は退けた。
観察処分は、対象団体への立ち入り検査などが認められるほか、信徒数の報告などを義務付けることができる。
公安審査委員会は2015年、両団体をオウム真理教の元代表松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(62)の影響下にある一つの団体とみなし、観察処分を18年まで更新すると決定。訴訟は両団体が松本死刑囚の教義を広める「一つの団体」と言えるかが争点だった。
林裁判長は、松本死刑囚への帰依をめぐり、アレフが深める一方、ひかりの輪は否定していると指摘。さらに、「両団体は対立関係にある」と述べ、一つの団体とは認められないと判断した。
ひかりの輪の代表を務める上祐史浩氏(54)は、判決後に記者会見し「処分が不当だったと認められ、ほっとしている」と話し、国家賠償訴訟を起こす考えも示した。
公安調査庁は「全く予想外の判決。確定すれば活動状況の把握が困難になり、
国民生活に不安を与えかねない事態となる」とするコメントを出した。
同庁によると、アレフの信徒数は約1500人で、ひかりの輪は約150人。

出典 http://www.jiji.com

会見する上祐史浩

会見する上祐史浩

日本に伝統的に脈々と繋がっている日本仏教。だが新興宗教の若者が他人様に何を説くのだろうか?こんな若者に惑わされないで欲しい。観察処分取り消しをしないで欲しかった。警察の目が届かなくなってしまうから。

1
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。