アメリカ覆面捜査官にイスラエル過激派が相次いで接触する!

ニュース

アメリカ覆面捜査官にイスラエル過激派が相次いで接触する!

アメリカの覆面捜査官にイスラム過激派が相次いで接触する!

えっ、どういうことなの?

写真はニューヨーク地下鉄で警戒する警察官。カナダ、パキスタン、フィッリッピン
のイスラム過激派(過激派組織イスラム国.IS)の面々が、相次いでアメリカの覆面捜査官に接触する。そして逮捕される。
この覆面捜査官はアメリカ連邦捜査局員(FBI)達である。

過激派組織イスラム国(IS)支持者を装った米連邦捜査局(FBI)の覆面捜査官に、イスラム過激派が相次ぎ接触、テロ計画を相談し、送金まで行った結果3人が逮捕されていたことが分かった。米当局が6日付で公表した。
犯行は2015年11月のパリ同時テロや翌16年3月のブリュッセル連続テロに触発されて立案された。16年6~7月のイスラム教のラマダン(断食月)期間中の実行が計画されていた
カナダ国籍の19歳の容疑者は、覆面捜査官にニューヨークの繁華街タイムズスクエアの画像を送り「自動車爆弾が欲しい。真剣だ」と相談。また「コンサート会場で銃撃したい。人殺しばかりだ」と米市民への憎悪を告白していた。
爆発物の材料を購入し渡米したところで逮捕された。
パキスタン在住の19歳の米国籍の容疑者は、地下鉄を狙えば「完璧さ」と覆面捜査官に連絡。銃撃の弾薬が尽きた後、自爆ベルトを起爆させると計画を明かしていた。37歳のフィリピン国籍の容疑者は、覆面捜査官にテロ資金として「約423ドル(約4万7000円)」を送金。その後の資金提供も約束したところで逮捕された。米比国籍の2容疑者は国外で拘束中で、米国への身柄送還待ちという。

出典 http://www.jiji.com

日本国内ではイスラムテロは起きない。

◎日本国内ではイスラムテロは絶対に起きない。!!
◎日本人としての戦争。日本の歴史が与えたイスラム諸国へ。
◎14分弱の時間となりますがご覧ください。【必ず納得致します。】

1
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

カテゴリー

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録