会見で謝罪する神戸製鋼所役員達。

ニュース

会見で謝罪する神戸製鋼所役員達。

会見で謝罪をする役員達。

えっ どういうことなの?

神戸製鋼の検査証明の嘘の報告等の問題が明るみに出てから、また今度は子会社でも
同じように検査データーの捏造、書き換えが行われていた事が判明した。これは同会社の、「相談窓口」で発覚した。

アルミニウム製品などの検査データを改ざんしていた神戸製鋼所は20日、アルミ・銅部門の長府製造所(山口県下関市)で、管理職を含むグループ従業員が社内調査に検査データの一部を報告せず、隠していたことが19日に判明したと発表した。梅原尚人副社長が同日夜、東京都内で会見し明らかにした。発表によると、社内の相談窓口への情報提供から発覚した。電車の車体や自動車のバンパーなどに加工されるアルミ押出品について、顧客が指定した大きさから外れた製品のデータを社内調査で申告していなかった。発表によると、社内の相談窓口への情報提供から発覚した。電車の車体や自動車のバンパーなどに加工されるアルミ押出品について、顧客が指定した大きさから外れた製品のデータを社内調査で申告していなかった。

出典 http://www.kobe-np.co.jp

◎会見で謝罪する神戸製鋼所の(左から)山本浩司常務執行役員、梅原尚人副社長、勝川四志彦常務執行

神戸製鋼の実態
1
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

カテゴリー

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録