今回の衆議院議員選挙では民主党の分裂は最悪だった。

ニュース

今回の衆議院議員選挙では民主党の分裂は最悪だった。

今回の衆議院議員選挙では民主党の分裂は最悪だった。

どういうことなの?

第48回、今回の衆議院議員総選挙で前民主党の分裂は最悪だった。
前民主党から立憲民衆党は野党第一党になった。
又逆に保守党の自民党、公明党にとっては前民主党の分裂はプラスとなった。

「自民党・公明党」「希望の党・日本維新の会」「立憲民主党・共産党・社民党」による3極の争いとなった今回の衆院選。3勢力から各1人が立候補した「三つどもえ」型が全国289の小選挙区中162選挙区に及び、与党がその約8割に当たる129選挙区を制した。野党が一本化できずに競合した結果、与党が有利に選挙戦を展開した格好だ。「三つどもえ」型のうち、「与党VS希望・維新VS共産・社民」のケースが139選挙区。野党が票を食い合う中、与党が漁夫の利で118勝21敗と野党を圧倒した。 ただ、共産・社民が候補を立てず、立憲を支援した「与党VS希望・維新VS立憲」の23選挙区については、立憲が12勝し、11勝の与党に勝ち越した。接戦を制したのは、立憲が無党派層の支持を受け止めたことが背景にあるとみられる。
 与党1人に対して野党から3人以上が出馬した「野党乱立」型では、与党有利の状況がより鮮明となった。東京と大阪で候補者をすみ分けた希望と維新は、それ以外の24選挙区で激突。与党の22勝に対し、野党はわずかに希望の2勝にとどまった。リベラル系の立憲と共産がいずれも候補者を擁立した17選挙区では、野党は1勝もできなかった。
 一方、与野党による「一騎打ち」型は43選挙区。与党の28勝に対し、野党系が15勝と善戦した。このうち、民進出身者らの無所属は選挙基盤の強い前職が多く、与党に9勝3敗と勝ち越した

出典 http://www.jiji.com

第48回衆議院議員総選挙についてコメントする。安倍首相。
1
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法