アメリカ!処方箋薬のオピオイド系鎮痛薬の中毒患者が急増している何故?

ニュース

アメリカ!処方箋薬のオピオイド系鎮痛薬の中毒患者が急増している何故?

処方箋薬のオピオイド鎮痛薬の中毒患者が急増。

えっ どういうことなの?

アメリカ、オハイオ州コロンバスから南に1時間の距離に位置するロス郡では
処方箋薬のオピオイド系鎮痛薬の薬物乱用で死亡件数が急増している。と言う。
この薬はモルヒネの50~100倍の強力だと言う。医師と薬剤師に問題があるのではなかろうか?
人口が約7万7000人のロス郡にとっては、郡の財政負担にもなり懸念が広がっていると発表した。
トランプ大統領がオピオイド中毒症を「国家非常事態宣言」と発令をすれば、各州は対策のために連邦予算を利用できるようになる。
児童と親を別々な養護施設で健全育成が出来る、養護コストが充分に補われると言う。


オハイオ州コロンバスから南に1時間の距離に位置する人口7万7000のロス郡は、オピオイド系鎮痛剤の乱用に関連する死亡件数が急増している。2009年の19人に比べ、昨年は44人に。薬物乱用のまん延は、人命を奪うだけでなく、郡の財政にも負担をかけている。 主に処方薬としての鎮痛剤であるヘロイン、フェンタニル(モルヒネより50─100倍強力な薬剤)を中心とするオピオイド系薬物は、米国の「薬物過剰摂取」問題に拍車をかけている。 トランプ大統領は先月、オピオイド中毒を「国家的な緊急事態」と呼んだが、まだ国家非常事態宣言は発令されていない。もしそのような動きがあれば、各州は対策のために連邦予算を利用できるようになる。 医師がセックスのためのオピオイド系薬剤を売っていたビル、ティーンエイジャーが過剰摂取で死亡した裕福な家族の住む家、最近ドラッグ絡みの殺人事件が起きた小道、過剰摂取のため女性が車中で死亡しているのに道行く人々が気づかなかったガソリンスタンド、などだ。
インディアナ郡における薬物過剰摂取による死亡率は昨年、人口10万人当たり50.6人だった。これは州平均の36.5人を大きく上回っている。

出典 http://jp.reuters.com

1
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法